肌のキメを細かくするなら…余計なことするな!

肌のキメを細かくするには2つだけ知ればO.K.!

肌のキメが粗くて、毛穴が目立ってシワシワ…ニキビもできやすい。

肌のキメが荒れると肌トラブルはめちゃくちゃ増えます。

でも…

がんばって保湿ケアしてもキメは細かくならないことが多いです。なぜでしょうか?

余計なことし過ぎているんです!

なぜ肌のキメが粗くなるのか?キメを細かくするための条件は何なのか?

この2つを知らないから余計なことをしてしまい、逆に肌が汚く薄っぺらくなっちゃうんです。

実はやってもキメが細かくならない余計なこと三選

やりがちだけど、実はキメを細かくすることに役立たない。むしろ逆効果で余計なことになりうるケアです。

1.洗顔を丁寧に優しくする

確かに洗顔は荒くやったらダメですよ。でも、丁寧にやるのは意外とマイナスなことが多く、キメの粗さに繋がってしまうんです。

洗顔の役割ってなんでしょうか?

皮脂にホコリなどが混じったもの、クレンジングで浮いたメイクを洗い流すことです。つまり肌が元のスッピン肌に戻ればO.K.です。

水やぬるま湯だとこの状態になるまで時間がかかります。完璧に戻らないかもしれません。でも、洗顔料を使うと一瞬でこの状態になります。

それなのに、クルクルといつまでも洗っている人が大多数。丁寧にやりましょうとは言いますが、時間をかけましょうとは言ってませんよ?

実はこれがキメを粗くしてしまう大きな原因なんです。

余計な洗顔時間はキメを粗くするだけ。これ覚えておくと肌が格段に変わりますよ!

2.徹底保湿!

肌のキメが粗くなるのは確かに乾燥が原因です。でも保湿を頑張ればキメが細かくなるわけじゃないんです。

保湿のしすぎが良くないって聞いたことないでしょうか?

肌表面を保湿剤で常に覆ってしまうと、肌本来の保湿機能が死んでしまいます。

また、丁寧に何度も保湿コスメを塗り重ねると、その際の摩擦が肌を刺激にさらしてしまい、キメとなる元が荒れて生まれる原因となります。

キメというのは綺麗な角質のつまり具合で形成されます。保湿を頑張るというのは、むしろキメにとっては余計なことなんです。

3.角質培養

キメが粗い人は、いわゆる肌が薄い人が目立ちます。そこで角質培養!

でもこれって極端。確かに余計なことをしないという点では、肌にとってもキメにとってもプラスです。間違いありません。

しかし、これは考え方だけ参考にするのが◯。でないとニキビができまくったり、普通の生活ができなくなるからです。

皮脂が多い人は、洗顔料を多少は使わないとニキビが多発します。角質培養をすると肌がモサモサになりますが、これから先何十年もそんな肌を続けれれないでしょう。

もし仮に角質培養が成功したとしても、角質培養をやめればキメが粗く戻ってしまうのでは?

ちょうどいいストレスなく続けられるスキンケア方法はどこなの?ということになりませんかね?結局また迷走するだけですよ。

知ってます?肌のキメが細かいと粗いの違い

肌のキメ比較モデル
b.glenより

肌のキメが細かい、粗いというのはよく聞く話ですよね。美容雑誌やネットでも見ますし、デパート1階の化粧品美容部員、皮膚科の先生にも言われた経験があるのでは?

このキメというのは何なのか?

皮丘皮溝のことです。

皮膚はマイクロスコープで拡大すると、無数の線が走っているのが分かります。

その線に囲まれた島みたいな盛り上がりがあります。線が皮溝で、島が皮丘です。

亀の甲羅の六角形や、工具のヤスリの目みたいなものと考えてください。

この一つの盛り上がりのブロック。これらが、

  • できるだけ小さく
  • ふっくらしていて
  • 規則正しい大きさ形で揃っている

という状態が、「キメが細かくて整っている」と言われる状態です。

肌が綺麗でニキビや毛穴などのトラブルがない肌は、決まってこの皮溝の数が多く、皮丘が小さく詰まっているんです。

つまり、キメの細かい肌を作るということは、

  • 皮溝の数を増やす
  • 皮丘を小さく詰まらせる

この2つが実現すればいいだけなんです。

意外とシンプルでしょ?

キメを細かくするのは何も難しくないのです。シミを消したりニキビを治すほうが遥かに難しいです。

生まれつきじゃない?キメの細かさ

でも肌のきめ細かさって生まれつきじゃないの?って疑問もありますよね。後から細かくできるのかって。

確かに生まれつき肌が綺麗な人がいます。比較的、日本人は諸外国の人よりキメが細かいと言われています。

そんな日本人の中でも、遺伝的にキメの細かさが違うことはあります。まず男女なら女性のほうがキメは断然細かいです。

ただ、キメが粗いといってもそれは個人差の範囲です。比較してキメが粗い人の肌が汚く見えるのか?はたまた肌トラブルが頻発するなんて差は生まれません。
生まれつきの差でキメの細かさで勝てない!という人はいますが、だからって何も問題ありません。それはもうマイクロスコープとかで見て差が分かるようなレベルなのです。

「私の肌は生まれつきキメが粗いの!だから努力しても無駄!」と諦めている人がいたら、それは甘え!非常に損しています。

肌のキメを細かくする必要条件が1つだけある

皮溝と皮丘で形成されるキメ。これが細かくなればなるほど美肌になりトラブル知らずになります。

では、キメが育って細かく詰まるには、一体全体何が必要なのでしょうか?

  • 皮溝の数が増える
  • 皮丘が小さくて詰まっている

この状態を作る条件です。

それは「ターンオーバー周期」です。

皮溝、皮丘は角質で作られます。

キメ=角質

なんです。

肌表面は角質が8~13枚ほども重なっている状態。

角質は毎日生まれては剥がれ落ちています。このサイクルをターンオーバーと言います。よく聞きますよね。

基底層という肌の奥部分で表皮細胞が誕生。これが徐々に形を変えて押し出されてきます。表皮細胞は、最終的に死んだ状態の細胞になります。それが角質です。

もしターンオーバー周期が早くなりすぎると、細胞が十分に成長しないまま角質に変化します。つまり、栄養失調で育って大人になった感じ。

また形大きさもバラバラになります。

そのため、皮溝はちぐはぐで荒い目になります。もろくて貧相な角質なので、皮丘もしっかりと積み上がりません。

ターンオーバーを正常な周期で、じっくりと表皮細胞を育てる。これによって綺麗な角質で埋まることになり、勝手にキメが細かくなります

逆にターンオーバーが遅くなってもダメ。

遅くなると、新しい角質が生まれないので古い角質だらけに。古い角質は黄ばんで硬くなります。ゴワゴワした肌になり、皮溝も皮丘も粗くなります。

つまり、ターンオーバーって綱渡りみたいなものなんです。

昔から言われているスキンケア方法や美容法って、結局はターンオーバーを正常範囲ペースで行えるようにするためだったのです。

肌のキメを細かくする英雄「ターンオーバー周期」を守れ!

1.十分な肌水分量の安定

キメが粗い人は保湿が足りない…というのは嫌というほど聞きましたよね。間違いじゃありません。でもちょっとズレているんです。

保湿というのは、肌表面に水分や油分の皮膜を作り、潤いを維持することをいいます。

こうすることで、肌内部からの水分蒸発を防げます。キメが粗い肌は角質同士の隙間が広いため、そこから肌水分が蒸発しちゃいます

肌から水分が蒸発すると当然乾燥します。この乾燥がターンオーバー周期をおかしくしてしまう主犯人

頑張って保湿しているのになあ…

という人は、ケア直後だけ水分蒸発を抑えられていて、実は24時間安定して肌水分を維持できていないのかも。

2.細胞間脂質(特にセラミド)を減らさない

肌が乾燥する主な原因は、現代人に限って言えば洗顔クレンジングです。

乾燥肌で悩む人は圧倒的に女性が多いですよね。この男女差って洗顔とクレンジングじゃないでしょうか?

女性は特に洗顔にこだわりがち。でも、むちゃくちゃ肌が荒れてしまい、洗顔料を使えない時期があった人が、意外とそのほうが肌が綺麗になったという話が結構あるんです。

なぜかというと、洗顔料やクレンジングの洗浄成分が、強力に油分を落としてしまうからです。

肌水分は主に角質層の中にあるセラミドが維持しています。このセラミドが脂質性のため、皮脂汚れと同じく洗浄成分により洗い流されます

洗顔のしすぎは良くない!というのがみなさん意識はされていますよね。

最近の洗顔料って、突っ張り感を感じないマイルドなものが増えているから安心じゃないでしょうか?

でも実は、その、マイルドな洗顔料のせいでセラミドを落としすぎているのです。

マイルドな洗顔料と言われている製品でも、実は洗浄力はそれなりにある。でも潤い成分や、水分を引き寄せる界面活性剤の使用により、突っ張らない感覚を肌に残す製品があります。

だから洗顔後に洗いすぎていないと思っていても、実は潤い皮膜が残っているせいで、セラミドが過剰に落ちて乾燥状態ということも……

洗顔を気をつけているのにキメが細かくならない……もしかすると、今の洗顔料に騙さているのかもしれませんね。

3.寝不足とストレス

あ~よく寝た!!

という次の日って肌の調子良くないですか?明らかに肌の感じが違いますよね。

これってまさしくターンオーバー効果なんです。

ぐっすり眠ると、成長ホルモンが多く出て肌の入れ替わりが活発になります。そしてセラミド量も増えます。だから翌日の朝から肌が違って、化粧ノリも良くなるんです。

逆に言うと、寝不足がある限りは肌のキメが細かくならないと考えていいのかも。

そして同じくストレスもそう。

なんかのんびりした性格で、嫌なことなんか人生でないんじゃない?っていう人の肌って、モチッとしていて綺麗じゃないですか?

逆にせかせかイライラしているお局様キャラみたいな人の肌って、結構荒れやすかったりするんです。

保湿しなきゃ、パックしなきゃ、あ~でももうこんな時間!早く寝なきゃ…あ、でもインスタチェックしてから…なんてことしてませんか?

これってストレスと寝不足のWパンチ。細かいキメが欲しいなら、寝不足もストレスももうちょっと何とかしないと…

これだけでいいです!意識したいキメ対策の2つ

1.夜はともかく朝の洗顔に注意!

夜の洗顔は、仮にやり過ぎでも影響はそれほどでもありません。なぜなら、寝ている間にターンオーバーが活発になるため、多少のセラミド不足は回復するからです。

洗顔後にヒト型セラミドの保湿剤で補っておけば、多少の洗い過ぎはカバーできます

ただ気をつけないといけないのは朝です。

朝は水・ぬるま湯で洗顔派と、洗顔料でしっかり派に分かれますよね。どっちが正解というのはありません。人によって肌状態、特に皮脂分泌量は違うので。

ただ問題なのは、夜と違って朝は洗顔のやり過ぎをなかったことにできないんです。睡眠じゃなくてずっとこれから活動するのでターンオーバーによる回復は期待できません

さらにメイクだったり、紫外線だったり汗だったりと刺激が続きます。特にセラミドが不足するとバリア機能が落ちるため、これら刺激がさらにターンオーバーを邪魔してキメを粗くします。

朝、皮脂がほとんど気にならないようならぬるま湯で十分。もし皮脂がベタつき、不快感が残るようなら、泡立たないタイプの馴染ませるだけの洗顔料を使いましょう。これをさっと伸ばして、すぐに洗い流します。これで本当に十分です

ニキビができやすい人もこれで結構防げますよ。この手のタイプは肌離れが良くて肌負担も少なく、かつ、しっかりと皮脂や詰まりも落としてくれるので。

2.重要なのは朝より夜の保湿ケア

保湿ケアは夜も朝もという人が多いですが、洗顔と逆で、保湿は夜だけでも可能です。

朝の保湿はメイクのりをよくするため、バリア機能を高めて日中の刺激によるターンオーバー悪化を防ぐためと考えてください。

肌は寝ている間に作られるものです。つまり、キメが細かくなるのも睡眠中。寝不足がダメなのは先に書きましたよね。

その寝ている間のために行うのが保湿ケアです。乾燥がターンオーバー周期を鈍らせるのだから、そのターンオーバーをしっかりさせるための保湿。

それはいつか?

睡眠中に安定した肌水分量が必要なのですから、寝る前の保湿ケアが一番重要というわけなんです。

だから朝の保湿は夜と同じ保湿である必要はありません。

洗顔後にセラミド美容液(テクスチャー的にベスト)を塗っておくだけでいいです。これだけでバッチリとキメ対策が完了です

キメが粗い人は保湿化粧品選びでここに注意

1.強すぎる皮膜性コスメはニキビ原因に!

肌のキメが荒く、ツルッとした薄い肌で毛穴が目立っている人は注意!

こういう肌質の人は、肌を皮膜でしっかり覆うとニキビができやすくなります。特に皮脂が多い人は注意。

具体的に言うとワセリンやニベアの青缶(これもワセリンが主)。

優れた肌水分蒸発抑制力がありますが、同時に肌をペタッと覆いすぎる側面もあります。

キメが粗いと、硬いテクスチャーのクリームは皮溝に引っかかって均一に薄く伸びにくいのです。そのため部分的に塗りすぎ状態になったり、油が酸化したり毛穴を塞いだりとトラブル原因になります。

ダメってわけじゃないですが、塗り過ぎは本当に注意。物足りないくらいで塗るのが正解。

2.安定して使いやすく朝保湿も不要なのがセラミド

肌水分を支えるセラミドは保湿化粧品で補えます。角質層内に浸透して安定するため、肌表面に皮膜を作らないのがメリット。

ヒアルロン酸やコラーゲンより安定して長く保水してくれます。

いいセラミドコスメなら、夜しっかり保湿しておくだけで朝何もしなくても大丈夫なくらいです。朝無駄に肌を触る必要がないため、刺激を減らせてより細かいキメを作ることができます。

似た特性としてあるのがリポソーム浸透技術採用のコスメ。

あまりブランド数がありませんが、リポソーム化されたコスメの肌なじみは抜群です。セラミドじゃない成分もこれならセラミドのように角質層内に馴染んでくれますし、表面がベタベタしませんよ(日本の代表的ブランドはb.glenとコスメデコルテ)。

洗顔控えめ+セラミドを増やす=3ヶ月は頑張りたい

洗顔を正しく控えめに済ませ、セラミドを増やすことを意識し続けてみてください。特別なことは不要。特別なことは余計なことです。

寝不足やストレスがひどくないのなら、だいたい1ヶ月から2ヶ月くらいでちょっとキメがマシになってきた?と思えるはず

もちろん個人差がかなりあるのでダメな人も多くいるでしょうね。でもすぐに諦めずに3ヶ月くらいは頑張ってみてもらいたいなあと思います。

というのは、ターンオーバー周期は、20代でも最低30日。30代以上になると40日程度かかってきます。これが2~3周はしないと肌のキメというのは整ってこないんです。

最初はさっぱり実感はないと思います。でもそこで、また新しいことを始めたり、過剰に保湿したりすると意味がなくなります。キメが細かく入れ替わるのは、ケアが100%だとしても3ヶ月はかかると覚えておくと焦らずに済みますね。

超優秀!ヒト型セラミドのコスメが使える

粗いキメに足りないのは角質層の保水力。そのエースがセラミドです。

セラミドにはいろいろ種類がありますが、圧倒的にヒト型が有利です。ヒト型だけが、足りないセラミドとしてそのまま活用されるからです。だから選ぶならヒト型セラミド配合のコスメ!

製品感の優劣差ですが、セラミドは比較的低濃度で力を発揮するので、あまり高濃度でなくても大丈夫です。ただある程度は配合量が必要ですし、セラミドの種類が複数あったほうがよりベスト。ヒト型セラミドは高価なので、あまりに安い製品は怪しいです。3,000~5,000円くらいが平均的ですね。

小林製薬 ヒフミド

小林製薬 ヒフミド
  • 肌が薄くてトラブルが起きやすい人に
  • セラミド業界No.1とされる高濃度
  • 一番コスパが良い

セラミドコスメのエース的存在がヒフミドです。理由は濃度とコスパ!

通常は1%でも高濃度なセラミドですが、ヒフミドは4%も配合。さらに高価なセラミド1という種類も配合しており、他のコスメが肩を並べられない状態です。

リピジュアという強い肌防護皮膜を張る成分も配合。肌が薄くて揺らぎやすい状態をしっかり守りつつ、キメを育てるのを助けてくれます。

アスタリフト ジェリーアクアリスタ

アスタリフト ジェリーアクアリスタ
  • 今の化粧水に不満がある人に
  • 業界唯一の完全ゼリー状セラミドコスメ
  • 手持ちの化粧水があの高級化粧水以上に化ける

美容液やクリーム状じゃないと配合できないのがセラミド。でもアスタリフトは唯一ゼリータイプ。だから洗顔後に使う導入美容液です。

ヒト型セラミドを洗顔直後に浸透(角質まで)させるので、次に使う化粧水が本当に化けます!1,000円もしないような化粧水の持続力、ふっくら感、潤い感が桁違いです。キメを整えるためにはもちろん、ふっくら感が足りない痩せ肌にも最適です。

b.glen Qusome

b.glen Qusome
  • 毛穴も目立ちがちな人に
  • アメリカ発薬学博士の本格コスメ
  • 乾いた肌を底から引き上げる潤い力

特殊な浸透技術が採用されています。医療レベルです。そのため、化粧水の持続力が段違いです。普通は化粧水だけだと余計にキメが荒れますが、b.glenだけは例外。それくらい違います。

使ってみると分かりますが、高い潤い力で粗いキメ肌が持ち上がるような見た目になります。毛穴が目立っている人はこれにより目立ちにくくなるメリットもあり、キメが荒れて貧相になった肌を綺麗に見せられますよ。

ここで言及している洗顔料はこのブランドのものです。トライアルに入っているので、朝ベタベタな人は使ってみてください。

素肌にそこそこ自信があるならライスパワーエキスNo.11

素肌は綺麗なほうだと思う。でもキメだけが粗い……

そんな人はライスパワーエキスNo.11が最適!

ライスパワーエキスNo.11は国も認めたセラミド増産促進成分(医薬部外品)。ターンオーバーを整えてセラミドが増えるのを促す作用があります

原材料は国産米で国内製造。日本人の肌に合った非常に優しい成分です。

素肌がそれなりに綺麗な人が、ヒト型セラミドなど保湿力が高いコスメを塗ると、元からある保水力と皮脂と合わさってテカリっぽく見えることがあります。

でもライスパワーエキスNo.11ならその心配はほぼゼロ。なぜなら内側から作用するため、肌表層に何も残さないからです。

とは言え、十分な保湿力をすぐもたらしてくれます。非常にナチュラルにキメを整える手助けをしてくれるので、素肌がそこまで汚くない、キメだけ!という人にはぴったりです。

KOSE 米肌

KOSE 米肌
  • 乾燥が強めな人に
  • 類似コスメより潤いが強い
  • 強い潤いで毛穴も目立たなく

毛穴悩みについてアピールしていますが、ライスパワーエキスNo.11コスメの中で特に潤いに強いためです。

ライスパワーエキスNo.11コスメは、かなりあっさりしています。米肌は、即効性のある潤いベールを追加。乾燥が強い人も毛穴が乾いて目立っている人にも満足してもらえる内容になっています。

KOSEというと雪肌精ですが、透明感においても米肌のほうが成分的には上です。

RAIZ Repair

RAIZ Repair

販売ページはエイジングケアのイメージが強いですが、中身的には米肌より、よりライスパワーエキスNo.11推しといった感じで大きく変わりません。

というのは、この成分の発明企業のブランドだからです。噂では本家だけに濃い?という話もあったり。米肌もここの成分を使用しています。

成分が濃いのかどうか実際には分からないのですが、なんかそんな気もします。また初回購入だと化粧水をたっぷり使えるセットがあります。これは本計RAIZだけですね。

>>かなりお得な化粧水大容量トライアル!お試しページへ<<

ただ化粧水は成分都合上エタノールが基材なので、肌がアルコールに弱い人はクリームがおすすめ(ライスパワーエキスNo.11コスメ全体の話)。一応、類似コスメよりエタノール量は一番少ないっぽいのであまりアルコール感は感じませんよ。

メニュー

Copyright (C) 2018 肌のキメを細かくするなら…余計なことするな! All Rights Reserved.